主に投資とものづくり

主に投資とものづくり

工学部卒なのにはんだごての扱いすらままならない筆者がものづくりに悪戦苦闘しながら将来に向けた資産形成を行います。

FXで投資の怖さ知る、からの日本株への投資開始までの軌跡

 

 

f:id:resaka3:20170526211656j:plainみなさんこんにちは!

 

今日の記事は前回の宣言通り、私が投資を始めたきっかけとそこで味わった苦渋ついてお話ししたいと思います。

  -目次-

 

FXからはじめる投資生活

さて、最近よくある系の副題の通り私が一番初めに行った投資は、ズバリFXです!

FXというとレバレッジを利かせてギャンブル的に通貨を取引を行うようなやや危険なイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、当時の私にはきちんとした狙いがありました。

私がFXを開始したのは今から約5年前の2012年、そう、多くの日本企業が苦しめられた1ドル80円という超円高時代でした。

その頃の私は、経済や投資のことなどまるで知らないただの大学2回生だったのですがそんな私でも、いや、そんな私だったからこそ、この下がりに下がりまくったドル円相場を見てふっと思ったのです。

「こんなレート絶対長く続かないし、そのうち120円ぐらいまで戻るやろ」

かくして私は意気揚々と口座を開設し、有金全部(10万円)に4倍のレバレッジを利かせて、40万円分のドルを買い込んだのでした。

 

計画通り!にはいかぬ投資

さて、みなさんもご存知の通り、1ドル80円という超円高はその後どうなったかというと、アベノミクスのおかげもあり、私の当初の目論見通り、2015年には1ドル120円まで円安が進行しました。

80円→120円までドルの価値が上がったのですから、私は何もしなくても20万円の利益が手に入るはずでした。

いや、むしろ何もしなければといったほうが良いかもしれません。

株やFXにおいてはいくらで買っていくらで売るというビジョンをもって売買を行うのは基本中の基本です。

当時投資のことを全く知らなかった私は、意図せずこの基本に習ってFXをスタートできたのですが、もう一つの基本、ルールを守るということは思い至らなかったのです。

私はドルがちょっと値上がりすると、今度は下がるかもという恐怖に取りつかれて利確。しばらく様子見。ドルを購入、ちょっと値上がりし利確。また様子見。ということを繰り返してしまいました。

そうして私が様子見している間にもアベノミクス効果で円安はぐんぐんと進みました。

そんな私を輪をかけて苦しめたのが、もし突然1ドル40円に急落したらどうしようなどという無知からくる根拠のない恐怖でした。

その結果、私はしなくてもよい努力を続け、本来であれば放置しておくだけで20万円の利益のはずが、最後に残ったものは、わずか数万円の利益と途方もない疲労感のみでした。

 

もう投資はこりごりだ。からの投資活動再開

 こうして私の人生初の投資は収支はプラスになったものの、とても苦い思い出となりました。

その後、FXで投資にうんざりした私は年利0.3%の定期預金にお金を預け、元本保障サイコーと言いながら年数百円の利息を受け取っていました。

しかし、ロバート・キヨサキ氏の名著「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んだことで私の定期預金生活終わりを迎えました。

読まれている方も多いと思いますが、この本から私は投資とは何か、資産とは何かを学び、金持ち父さんになるべく日本株への投資を開始したのでした。

ちなみにこの「金持ち父さん 貧乏父さん」という本は、発売日が2000年という今となっては大変古い本なのですが、現在でも十分参考になる内容ですので、もしまだ読まれてないという方がいらっしゃいましたら、是非ご一読されることをお勧めします。

 

最近の投資状況

現在私は日本株に約100万円、クラウドクレジットとmaneoという2つのソーシャルレンディング会社にそれぞれ50万円ほどの投資を行っております。

これらについてはまた追々別の記事で詳しく書いていきたいと思います。

 

まとめ

以上が私の投資生活の始まりと終わり。からのリボーンとなります。

そして、最後に結局何が言いたかったのかをまとめると以下のようになります。

  1. これから投資を始めようと思っておられる方は、実際の取引を始める前に、多少のお勉強はしましょう。まぁ、普通するとは思いますが。
  2. 勉強するならZAiなんかのマネー誌ではなく「金持ち父さん 貧乏父さん」を読まれるのがおすすめです。
  3. FXや株などを始めて毎日チャートをちらちら見るのは嫌だから投資なんてしないと決めつけてしまっている方は、最近はソーシャルレンディングという新しいサービスもありますので、あまり頑なにならずに投資に興味を持ってください。

 では!

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん