主に投資とものづくり

主に投資とものづくり

工学部卒なのにはんだごての扱いすらままならない筆者がものづくりに悪戦苦闘しながら将来に向けた資産形成を行います。

PER?PBR?何それ、おいしいの?

f:id:resaka3:20171015140311j:plain

みなさんこんにちは。

タイトルからお分かりいただけるように今日はPERとPBRについてまとめてみたいと思います。

株をされている人には常識とされる指標ですが、正直に申しますと私はこれまで全くこれらの指標を見ずに取引をしてきました。

いや、もちろん知らなかった訳ではないですよ!PERとPBRが低ければ良いってことぐらいは知ってました。そう、知ってましたとも。

ただ、もう少しきちんと知っておけば株の割安、割高をより正しく判断できるようになると思いましたので、この度勉強してみました。

 

 

PER(株価収益率)とは

PERについて言葉で滔々と語るのもいいですが、これでも一応は理系の端くれ、定義式で書いたほうが分かりやすいのです。

と、いうわけでPERとはこれだ!

 PER = 株価 ÷ 1株あたりの利益

なるほど、なるほど。

株価に対して1株あたりの利益がめっちゃ小さいとPERは大きくなるんですね。

よって、会社が稼いでいる利益に対して、株価が見合っているかどうかを示す指標だと理解すれば良さそうです。

じゃあ次に、どれぐらいの値なら利益と株価が見合っているの?となりますが、ネットでいろいろと探ってみると、一般的にはPER20倍が割安と割高の分岐点とされているようです。

 

PBR(株価純資産倍率)とは

さっそくPBRの定義式を下に書いてみます。

 PBR = 株価 ÷ 1株あたりの純資産額

えーと、株価に対して1株あたりの純資産額がめっちゃ小さいとPBRは大きくなるんですね。

ん、純資産って何だ?

調べてみると、どうやら会社の総資産から負債を引いたもの。株主からの出資金と内部留保、土地などの資産、新株予約権の合計みたいです。

ん、新株予約権って…と分からないことがさらに増えてしまいましたが、これ以上は用語インフレが起きかねませんので、ここらで撤退することにします。

要するに会社の持っている負債を含まない純粋な資産ということです。(果たしてこれで要せているのだろうか?)

純資産のことが多少分かった気になったところで、改めてPBRについて考えてみると、会社の純資産に対して、株価が見合っているかどうかを示す指標だと言えそうです。

またもし会社が解散になったとすれば、株主は保有株数に応じて純資産を分配してもらう権利があるそうです。

なので、解散時のPBRが1倍であればその時の株価と同額が分配される。仮にこれが0.5倍であれば株価の2倍が分配されるようです。

まぁ、実際にはそんなことそうそう起こらないと思いますが、少なくともPBRが1倍程度であるということは我々個人投資家の豆腐メンタルを支える一助にはなってくれそうです。

 

終わりに

さて、今回はPERとPBRについて何とか理解を試みてみました。

人間案外単純なもので、こういった新しい知識を得ると、この株は指標的に割安だから買う、割高だから買わないなどと、ついつい知識に頼りがちになるものですが、(え、ならない?)私は一番勝率が高い投資法は上昇トレンドの時に買うことだと考えているので、安易に割安株に飛びつくのではなく、これから値段が上がりそうかつ割安ならばなお良しという感じで部分的に取り入れつつこれからも投資を続けていきたいと思います。