主に投資とものづくり

主に投資とものづくり

工学部卒なのにはんだごての扱いすらままならない筆者がものづくりに悪戦苦闘しながら将来に向けた資産形成を行います。

2017年11月の保有株まとめ ~絶望の日本株~

f:id:resaka3:20171122210639j:plain

みなさんこんにちは。resakadesu.

今日はこれまで避け続けていた日本株の現状を白状しようと思います。

実はここ最近の株高の恩恵など私にとっては何のことやら、保有株のほとんどは急落を続けており、それはもう胃の痛い日々を過ごしております。

そこで、私resakaは自身の愚かさを改めて再認識し、反省すべく、この絶望的な現状をあえて公表したいと思います。

皆様、ぜひぜひこの痴れ者を笑ってやってください…。

 

 -目次-

 

保有株の現状

ではまず保有株の現状を確認していきます。(現在値は2017/11/22の終値です)

三菱重工(7011)

 保有数:100株 取得額:4,590円 → 現在値:4,120円 含み損:-47,000円

マツダ(7261)

 保有数:200株  取得額:1,632円 → 現在値:1,512円 含み損:-23,993円

・Jトラスト(8508)

 保有数:300株  取得額:992.97円 → 現在値:750円 含み損:-72,892円

・ナック(9788)

 保有数:200株  取得額:974.99円 → 現在値:925円 含み損:‐9,999円

東洋紡(3101)

 保有数:100株  取得額:2,016.93円 → 現在値:2,050円 含み益:+3,307円

唯一プラスである東洋紡のみがささやかなですが心の安寧を与えてくれています。

ありがとう、東洋紡…。

が、トータルの含み損益は-150,577円です。

ちくしょうorz もう、どーでもいーや(゚σ_゚) ホジホジ

って、よくないですね。この度し難い現実をきちんと受け止めねば。

くじけそうな心を奮い立たせて、次は失敗の原因を分析していきます。

三菱重工(7011)

 保有数:100株 取得額:4,590円 → 現在値:4,120円 含み損:-47,000円

まずは総合重機首位!天下の三菱重工です。買ったのは今年の5月頃で、購入理由はなんとなく潰れなさそうだったからです。

うーん、間違いではない。日本の国防の要であることを考えると間違いではないんですが、あまりに戦略性が足らなかった。

購入のタイミングなどをきちんと考えなかったのが最大の敗因だと思われます。その上最近の三菱重工は、豪華客船での巨額損失や主力の火力発電所ガスタービンでの苦戦、膨張を続けるMRJの開発費など懸念材料の宝庫です。

悪材料が出尽くすまではじっくり様子見するべきでした。

ただ、そんな状況でも安定して黒字を出し続けているところは流石ではあります。

年間配当120円/株は継続されると思われますので、他に買いたい株が現れるまではしばらく塩漬けで行こうと思います。

 教訓:株をなんとなくで買っちゃダメ。ゼッタイ。

マツダ(7261)

 保有数:200株  取得額:1,632円 → 現在値:1,512円 含み損:-23,993円

お次は中堅自動車メーカーのマツダです。購入したのは中間決算前で、他の自動車メーカーが好調だったのと、株価が底値にあったことから中間決算後に値上がりすると期待して購入しました。

しかし、中間決算では意外にも販売台数減が報じられ、さらに昨日中国で20万台のリコールとの発表もあり株価は下落続き、泣きっ面に蜂とはまさにこのことです。

まぁ、購入時期がすでに底値圏であったことから比較的ダメージは抑えられていますが、今後も株価が下落基調であるならば損切の検討もやむなしです。

 教訓:よほどの確信がない限りイベント直前に買うのはただの賭け。

・Jトラスト(8508)

 保有数:300株  取得額:992.97円 → 現在値:750円 含み損:-72,892円

さて、次はいよいよ問題児、Jトラストです。あまり耳馴染みのない会社かもしれませんが、日本だけでなく韓国や東南アジアで手広く銀行などをしています。

ここ数年ずっと赤字で株価も低迷していたのですが、今年はいよいよ黒字化の見込みということで今年の2月に購入しました。

実際先月の10/16までは株価も順調に伸びていたのですが、この日に雷が落ちました。

Jトラストが約8%もの株式を保有し、関係強化を進めていたタイ王国のGL社でCEOが詐欺罪で捕まるという事件が報道されるや否や株価は急落。その後もじわじわと下がり続けています。

一応、今のところ今年度の黒字化は達成の見込みらしいのですが、いやはやどうしたものか…。

もう何を信じればよいのか分からなくなってきました( ;∀;)

と、いうことで思考停止しつつ塩漬けです。

 教訓:赤字の会社は要注意!アジアはもっと要注意!!

・ナック(9788)

 保有数:200株  取得額:974.99円 → 現在値:925円 含み損:‐9,999円

 ナックはダスキンの代理店最大手で、その他にもウォーターサーバーの販売などもしているらしいです。で、なんで買ったんでしょうね…。購入時期もあまり覚えてないです。8月ぐらいだったでしょうか?

いかん、だんだん投げやりになってきてるゾ…。

購入理由は、そうですね、チャートを見てなんとなーくそろそろ大きく値上がりしそうかなと思っちゃったからです。

思っちゃたんだから仕方ないですよね。(仕方なくない。)

 教訓:株をなんとなくで買っちゃダメ。ゼッタイ。

東洋紡(3101)

 保有数:100株  取得額:2,016.93円 → 現在値:2,050円 含み益:+3,307円

 最後は私にとっての唯一の救い、心のオアシス、女神様と化している東洋紡です!

名前から分かるようにもともとは綿紡績の会社で、現在ではエアバックの原糸で世界首位にまでなったとても立派な会社です。

さらに、繊維業だけでなく最近はヘルスケアなどの分野にも進出し始めており、今後の成長にも期待が持てます。

購入したのはごく最近で、中間決算後に大きく値下がりしたところを買ってやりました。そう、やってやりましたよ。

この値下がりについてですが、私の見解では中間決算、通期の見通しともに悪くはなかったので、おそらくは市場の期待をやや下回ったことによる利益確定売りが出たためだと思われます。

よって、この調整が終われば、年度末に向かって再び株価の上昇が見込まれることから購入を決断しました。

もちろん、まだまだ含み益も小さく予断は許さない状況なのですが、今後に期待したいと思います。

 教訓:押し目を狙いすぎず、狙っていきたい。そんな感じ。

 

今後の方針

さて、いかがだったでしょうか?

アホだなぁ…と思った方も結構おられるかもしれませんが、私はこの教訓を糧に引き続き日本株への投資は続けていこうと思っています。

ただ、こんな愚か者の私が果たして個別株投資で成功できるのかということにも思いを巡らせる今日この頃。

もっと他力本願な投資の方が向いているのではないかとも考えるようになりました。

そこでとりあえず今月から、世間で評判の良いひふみプラスという投資信託を毎月1万円ずつ積み立ててみることにしました。

まずは小さく始めて、良さそうならもう少し積み増してみようかなと思案中です。

こちらの経過についてもまた今度ブログに書きたいと思います。

以上、こんなだめだめ投資家resakaですが、今後もお付き合いいただければ幸いです。

お読みいただきありがとうございました。